マンションで無垢フローリングを張る!

RESTA不動産事業部の佐野です。
新神戸のマンションで無垢フローリングを施工しました。

マンションの多くは床材に防音のフローリング(L45・L40)以上の

防音性のあるフローリングを施工する規約や取り決めがあります。

遮音性フローリングの無垢材はRESTAで数点しか取り扱いがありません。

フローリングは、プレーリーホームズの無垢(クリア塗装)の製品です。

大変高価な商品ですが、質感、色、手触りは抜群です!

施工方法は、フローリング用のセレクティUR-145を使用します。

掃出し窓や床見切りなどは突き上げがるので、フローリングの裏面のクッションを削いで

際根太を入れます。際根太は、動かない様にしっかりと固定します。

張る手順は、通常の防音用フローリングと同じですが

無垢材は、季節によって伸縮するのでスペーサーを使ってクリアランスを作ります。

木は生きています!だから、フローリングとフローリングに隙間を作って突き上げが無いように

遊びの部分をわざと作ってあげるのです。

この作業が普通のフローリング施工と異なる最大の特徴です。

色も同じものが無いので、仮置きのタイミングで気を配りながら置いていきます。

スペーサーは、全て同じ厚みの物を使用して隙間の感覚を均等にしていきますが!!

押してら反発してくる力もかかるので、全てが揃う事は難しい作業になります。

見切りなしの突き付けで施工しました。際の部分に際根太を入れてピンで接着するまで仮止めします。

無垢床って、高価で傷が付きやすい商品ですが、それ以上に魅力の多い商品です。僕は好きです。

生木の無塗は水に弱くメンテナンスも大変です。クリア塗装をおすすめします!

無垢材でのフローリングをお考えの方、見てもらえれば嬉しいです。

新規物件・毎日更新!RESTA不動産はこちら

_関連記事・おすすめ記事_

・物件価格1%分の無料リフォーム付き仲介

・マッチングメールサービス

不動産買取サービス

Pocket