神戸のガス温水床暖房用フローリング見積-施工はRESTA

こんにちは。不動産事業部の佐野です。

今日は工事部ブログにお邪魔しています。

不動産の再販事業でガス床暖房機が付いている場合で

リフォーム工事をする場合、取り外す場合が多いです

その理由は

1.フローリングを剥がす場合に床暖房を傷つけて

しまう場合があり破損させてしまう可能性が高い。

2.業者が売主の場合、既存床暖房の性能保証を

しなければならない。

3.既存床暖房から新規で交換する場合機器、工事代

が高額になる。

床暖房は、ヒーターなどのように空気を乾燥させる

事なく室内をじんわり暖かくしてくれる非常に便利な

アイテムです。

 

では、ガス床暖房の特徴を少しご紹介します。

現在のガス床暖房の主流商品は『温水式床暖房』

になります。

この温水式ですが、熱源である給湯器から温水パイプ

を床暖房のある個所まで通して床仕上げ材の上に

敷設した温水マットに循環させて温めます。

1台の給湯器で複数の箇所へ熱源を供給することが

可能です。

 

-温水式床暖房の耐久年数-

何と!一般的に30年以上の耐久性(配管)

熱源である給湯器の耐久年数-

一般的に使用頻度によるが10年~15年

 

しかしながら、故障の場合は、フローリングの下に

設置しているのでフローリングを剥がさないと工事が

出来ない問題があります。。これが有るから耐久性を

上げているのかも知れませんね!

 

先日から、季節がらでしょうか?

神戸市、明石市、芦屋市のお客さんから

ガス温水床暖房のフローリング張替え工事のお問い

合わせが増えています。

その中で、お客さんがおっしゃるには

何社かのリフォーム業者さんに相談したけれど

工事を受けてもらえなかったり、連絡がなかったり。

みんな、あまりしたくないみたいです(笑)

丁度、今度販売予定でリフーム工事をしている

神戸市垂水区のサンメゾンジェームス山サウスヒルズ

でリビングとキッチンで床暖房用のフローリングを

張替える最中ですので、実例を踏まえて

ご紹介しますね。

施工前

施工中(フローリングを剥がした状態)

マンション用床材(L45等級)を剥がすと写真の

状態の上に床暖房用のアルミシートが敷いて

あります。

フローリングを交換する場合、アルミシートも同時

にめくれてしまうので、残すことは出来ません。

アルミシートの役割は、温水の温度を効率的に

広めるために、熱伝導率が一番良い素材がアルミ

だからです。

ガス温水床暖房は、下地素材の上に直で施工され

発泡スチロールの間に温水チューブが敷き込み

されています。中の液体は循環液と言い不凍液

なっていて寒冷地にも対応しています。

情報によると、循環液の交換は3年毎などと記載

されている場合もありますが、本当の所は分かり

ません。循環液が劣化すると、鉄管の腐食が起こり

最終的には給湯器の故障になるらしいですが

最近のものは、塩ビ管なので影響は及ばない

そうです。

 

フローリング材にも床暖房用があり、RESTAの

DIYショップでも取り扱いをしています。

マンションでは、遮音等級L45以上の商品や

ペット用もあります。また、色目も複数あるので

好きな色でセレクトOKです。

ガス温水床暖房用のフローリング材

今回の工事では、リアルグレインアトムダイレクトタイプ(ホワイト)を

採用予定です。

また、給湯器は床暖房、浴室暖房乾燥機対応の

商品(ノーリツGTH-2444AWX3H-H)

の24号フルオートタイプになります。

現行施工中ですので、神戸市・明石市等の

ガス温水床暖房のフローリング工事につては

RESTAにお任せ下さい!

リスタ不動産 https://centuryhome.jp/

リフォームなら神戸のRESTA【リスタ】 http://www.freehand-kobe.com/

DIYショップRESTA https://www.diy-shop.jp/

株式会社RESTA https://corporate.resta-home.jp/

RESTAの販売中リノベーション物件は コチラから

株式会社RESTA 

〒651-2111 神戸市西区池上4丁目29-2 

℡0120-520-416

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket