神戸市北区藤原台南町2丁目の「とってもいい家」

不動産事業部の佐野です。
随分とブログの更新が空いてしまいました。
気がつけば、GWも終わり5月の半ば。早いです。
リフォーム工事も不動産仲介も忙しくさせて頂いております。
有難いことです。

戸市北区藤原台南町2丁目で物件預かりました。


一眼レフで自然光だけで撮影しました。
この写真、好きなんで一番最初に持ってきました。初夏を思わせるこの日、とても気持ちの良いリビングです
どこ?高原なん?って感じの景色です。
南東側は道路面と高低差があるので、目線はその他を見下ろす感じです。
こんな景色になるのは区画の角地の高台、区画の最前列くらいでしょうかね。その条件は不動産の価値を確実に上げるように思います。
この物件は、区画の南西角地に位置しています。いいポジションです!

「住みたい家」に出てきそうな家なんです。


リビングを入って正面からのワンショット。自然光を吹き抜けからの優しい光が差し込みます。
朝から穏やかな時間が流れそうな一コマですね。
想像の世界になりますが、仲良しの家族がゆとりのある毎日を送っていて鳥の鳴き声が聞こえて・・・。
あー家っていいなぁ。落ち着くわって。
ただの妄想です(笑)でも、ここに住むイメージは非常に大切なことだと思います。

見上げれば、吹き抜け。


吹き抜けって、贅沢ですね。
普通、そこには部屋が有るわけですから。
見上げれば、そこには吹き抜け。化粧梁の間にはプロペラが回って室内の空気をかくはんしています。
壁は珪藻土の塗壁、クロスじゃこの風合いは出ません。粗塗りが逆にカッコいいんです。
コテで塗った感が好きですね。吹き抜けを作ると必ず一部屋減ってしまいますが、これが贅沢なんです!
エアコンの効きが悪そう!とか言う人には住めない家です。

アンティーク家具が似合うリビング


フローリングは、無垢材、通常よく出回っているシート貼りの突板タイプとは全く質感も違います。
そして、常に湿気と連動して収縮していますので、目が詰まったり、開いたりを繰り返しています。
木の目が出ているのは、何とも言えない自然素材の特徴ですね。
この良さを共感できるお客さんの出会いをこの家は待っています!
家具類は、アンティークやカントリーがよく似合いますね。和家具も似合うと思いますよ。

インダストリアルなメタルキッチンの存在感


この雰囲気の家では、LIXILやPanasonicの汎用品のキッチンはしっくりきません。
その場合、メタリックでアクセントを入れるかカントリー調で揃えるか?どちらかなんですね。
この家、唯一無二の存在感です。
ここでは、好みが分かれるトコロではあります。
もちろん、壁付けのキッチンからカウンターキッチンにも配置変更は可能です。
そんな場合はご相談下さい。

二階に一直線に伸びる階段


リビング・ダイニングの広さは約14.3帖。
広くもなく、狭くもなく。でも吹き抜けや、間仕切り壁がないので、感覚的には図面上より広い!って思われますよ。

洗面スペースが気に入ってます!


必要なものだけを置いて、その他は置かない。それがカッコよく使うコツ?!
かもしれません。ごちゃごちゃしたら保たれません。床材は
無垢でもクリア塗装しているので、水濡れには対応しています。でも普通のフローリングに比べれば気を使いますね。
正角の水色のタイルが凄く可愛いんです。(※ドラム式洗濯機は付いていません)

風呂も至ってシンプルが似合う


自然素材の家だから、色物が似合いません。
白や淡い色などの自然界にある色がしっくり来るんです。手入れも重要かと思われます。

二階へ進めば、直線的な美しさ


廊下の端には、カウンターを備えた書斎スペース。お洒落じゃないですか。
就寝前にちょっとした自宅ワーク、家族共有の共有スペースが設けられています。
照明を落としてホワッとした明かりの下で寛ぐ時間も生活にやすらぎを与えてくれそうですね。

この場所は、結構落ち着きます(笑)
開放的なんですが、人の生活って自分の好きなものが手の届く範囲に有ることが幸せと感じるみたいです。
家族の共有スペース。ワークスペース。ホビースペースとして大活躍すること間違いなしです!

吹き抜けと言えばこのワンショットですかね。


リビングにぽっかり開いたポケットが、どれだけの家の個性を上げてくれるのかな。
自慢したくなる家の必須アイテムかも(笑)

二階洋室、6.5帖


南向きの2階の洋室は、陽当り通風も良好で、お布団もフカフカになること間違いなし!
何の変哲もない一部屋ですが、何気にいい雰囲気でした。
家を選ぶ時、自分自身で大切にしたいことは住む家にどれだけ心を許せる場所が有るのか?
後は第一印象です。
これは、初めてお会いする方とのファーストコンタクトと似ています。
直感とじっくり見極める両方のバランスが物を選ぶ場合に必要かもしれません。
貴方が良いと思う家は、ライバルも良いと思っていることを忘れないで決断してくださいね。

広さが伝わりにくいですが、9.8帖あります!


こちらの部屋は、収納はありません。
収納なしの9.8帖は、結構広いです。売主さんは、あまり物を置かない生活をなされていたんでしょうか。
不便な場合は、購入後にリフォームしてクローゼットも取付可能です。
自分の個性に所有物をカスタマイズするのは楽しいことです。
それが、コダワリですし自分だけにしか通用しない価値でも僕はいいんじゃないかなって思います。
ここで言う価値とは、不動産の価値を上げることとは少し違うのでしょうね。

お気に入の写真たち


リビングから庭につながるウッドデッキ。なんと売主さん自分で施工されてます。上手です!

ポストは「赤」を忠実に。家のポストで赤って以外に少ないので新鮮です。

◆間取りと地型◆



◆外観写真◆


◆土地:278.85㎡
◆建物:107.09㎡
◆構造:木造合金メッキ鋼板葺き2階建

◆築年月:平成22年2月
◆駐車スペース3台

◆価格:34,800,000円

詳しくはSUUUMO詳細ページへ


RESTAで購入すると、1%リフォームが無料で付いてくる。


リスタ不動産 https://resta-home.jp/real-estate/

株式会社RESTA 

〒651-2111 神戸市西区池上4丁目29-2 

℡0120-520-416

 

Pocket