RESTA

0120-520-4169:00-19:00

お部屋の防音について[内装工事]|リフォーム・リノベーションなら神戸のRESTA【リスタ】

内装工事 お部屋の防音について

お部屋の防音についてをご紹介!内装工事とひとくちに言いましても、様々なリフォーム工事があります。ライフスタイルの変化によって、お部屋の間取りの変更を考えたり、現状の不便な部分を、快適に過ごせる空間に変えたい等、お住まい全般の悩みがありましたら、ご相談下さい。

お部屋の防音について

道路に面した住宅は、
自動車の騒音がうるさい!

戸建て住宅の場合、国道などの大きな道路に面していると、一日中、自動車の騒音に悩まされがちです。では、どのくらいの住宅が、自動車の騒音被害にあっているのでしょうか?
環境省は、騒音について、環境基準という指標を設けています。それによると、幹線道路に面した約30%もの住宅が、夜間に環境基準値をオーバーしているようです。また、騒音の環境基準を、きちんと達成している住宅件数は、近年ほぼ横ばいとなっています。つまり、非常に多くの住宅が騒音による被害に悩まされ続けているのです。

静かな環境が・・・・騒音対策は深刻!

朝から晩まで、よく眠れなかったり、外がうるさくて、落ち着けなかったり・・・。騒音で悩まされる毎日、なんとかしたいものですね!家にいるにもかかわらず、騒音によってリラックスできないのは、非常に深刻な悩みです。ここでは、騒音についてや、静かな住まいを守るための防音対策をご紹介します。

床衝撃音「L値」について

重量床衝撃音 軽量床衝撃音の2つにわかれます

集合住宅、マンションなどで用いられる防音フローリングは、一般的にLL値(軽量床衝撃音)の数値で制限される事が多いですが実際の生活上、重量床衝撃音(ドン!といった重たい衝撃音)も考慮する必要があります。

  • 軽量床衝撃音(LLで表示)

    食器やおもちゃなどの軽量物の衝撃音

    軽量床衝撃音とは、一般的に食器やおもちゃなど比較的硬質で軽量な物が床に落下した時や椅子をひきずる時などに下階室で発生する床衝撃音のことです。

  • 量床衝撃音(LHで表示)

    走り回ったり飛び跳ねたりしたときの音

    一般的に重量床衝撃音とは、走り回ったり、子供の飛び跳ねたりする事により下階室で発生する床衝撃音をそう表します。

遮音性能の新基準について

遮音等級の表示は、試験条件をより実際の建物の条件に近づけた、
新しい基準に変わりつつあります。

旧呼称床衝撃音低減性能の等級に対する集合住宅の生活状態新遮音等級
足音・走り回る音などに対しての感じ集合住宅の生活状態
LL-30ほとんど聞こえない全く聞こえない
LL-35静かなとき聞こえるまず聞こえない△LL(I)-6
LL-40遠くから聞こえる感じ気兼ねなく生活できる△LL(I)-5
LL-45聞こえるがきにならない少し気をつける△LL(I)-4
LL-50ほとんど気にならないやや注意して生活する△LL(I)-3
LL-55少し気になる注意すれば問題ない△LL(I)-2

窓の音対策

窓の防音対策は、窓ガラスを防音タイプに替えてもサッシそのものの対策を施さないと、防音ガラスの性能を十分に発揮できません。一般住宅において、実は「窓」が一番騒音に対して弱い部分でもあります。特に、アルミサッシは窓をスムーズに開閉する為に、わざと隙間が設けてありますが、これが騒音が侵入する通り道となっています。

騒音による窓面の振動を抑える!

一般的にガラスは、薄いものより、分厚いものの方が、振動を伝えにくいようです(ガラス自体の重量が重くなるので、高い周波数の振動は伝えにくくなります)しかし、必ずしも「分厚い」ものが遮音できるとはいえません。

防音合わせガラス

音域全体に遮音性能を発揮

2枚の板ガラスの間に防音特殊フィルムを挟み加熱圧着した合わせガラスで、ガラスの振動を防音特殊フィルムが吸収する事によって、コインシデンス効果による遮音性能の低下を抑え、音域全体に遮音性能を発揮します。また、ガラスと特殊フィルムが接着されているため、地震や衝撃などで万一破損しても、破片が脱落しにくくなります。JISの遮音性30等級をクリア。紫外線遮蔽効果は99%以上。空港、幹線道路、鉄道、工場などの様々な気になる外部騒音を軽減し、静かで快適な居住空間を作り出します。(一般的なペアガラスは、防音効果というより、結露防止、断熱の点で優れています)

簡単に後付けできる内窓!
既存の窓サッシ取替は費用が掛かって大変!

今ある窓に“プラス”するだけ。
インプラスであっという間の快適生活。

秘密は インプラスの空気層

木造住宅の音・振対策

空気に伝わる振動(騒音)をいかに内部へ進入させないかが重要なポイントです。木造住宅の場合、外壁や、窓サッシの遮音性能等級を上げても、音の回り込みや隙間から音が進入してきます。

1.建物の気密性を改善する

  • 換気扇に注意

    防音換気扇やフードを設け開口部からの音の浸入にも注意します。外壁やサッシの遮音性能を上げても、換気扇や設備用の開口から音が浸入しては意味は有りません。

  • 窓サッシの形状に注意

    ジャロジーなどの、浴室や洗面脱衣などの水廻りによく使用されるガラスルーバー窓は、遮音性能はまったく有りません。
    また、引き違いサッシよりも、縦すべり出し窓(開き窓)などカムラッチハンドルやグレモンハンドルのサッシの方が遮音性能は高いです。

  • 重く厚い材料を選ぶ

    重いほど遮音性能はアップします。一般的に壁や天井に多用されるプラスターボードを二重に張ることも効果的です。天井や床、壁の遮音性能は、使用材料の単位面積当たりの重量(面密度)によって決まってきます。

  • 排水管に遮音シート(鉛シートを含有したゴム製のシート)を設置する

    防音シート貼りで2階の排水遮音対策も配慮できます。2階トイレから聞こえてくる排水音は、特に深夜などには意外なほど耳障りなものです。

  • 断熱材の厚みを厚くする

    一般的な遮音材として、ロックウールを用います。

2.固体音の対策

構造体の剛性を強くする。

構造が強いほど遮音性能もアップしますから、木造よりもコンクリート造の方が剛性が高く遮音性が高いといえます。建物自体の強度もまた、固体音の防音に関係があります。木造住宅においても梁や根太のサイズUPや床合板の釘のピッチを上げるなど、床剛性を高めることをおすすめします。

階上の床(下階の天上含む)仕様の
遮音性を上げる。

下地合板の厚みを上げる。クッション性のある床仕上げ材を使用する(カーペット、畳など)床下地に遮音シート・硬質石膏ボードなどの捨て貼りを行なう。防振吊り木を設ける。下階の天井に吸音材を設ける。下階の天井を2重張りとするなど・・・

当店オススメの
音対策リフォーム!!

LIXIL「インプラス」

基本腰窓 腰窓ならば、この価格

商品情報 透明1ガラス仕様
幅:1m70cm×高:1m20cm

※標準工事費とは、設置場所への商品搬入及び、商品組み立て、取付まで。別途ふかし枠などの部材は含みません(別途、お見積りになります)

[商品定価] 83,150円(税抜)
[標準工事費込み価格] 51,800円~(税抜)

基本掃出し窓 防音効果の高い、
ペアガラス仕様

商品情報 ペアガラス
幅:1m70cm×高:1m80cm

※標準工事費とは、設置場所への商品搬入及び、商品組み立て、取付まで。別途ふかし枠などの部材は含みません(別途、お見積りになります)

[商品定価] 173,900円(税抜)
[標準工事費込み価格] 115,500円~(税抜)

メールでお問い合わせ