RESTA

0120-520-4169:00-19:00

リノベーションの予算の立て方|リフォーム・リノベーションなら神戸のRESTA【リスタ】

リノベーションの予算の立て方

いくらで出来るリノベーション?

リノベーションとは、構造部分を残し、内装部分を解体・撤去を行う工事です。
一戸建てであれば、柱を残し、壁を作り直すところから始め、マンションであれば、建物をスケルトンにして間取りを作るため、設備や仕上げのインテリア部分以外の見えない費用が想像以上にかかります。そういう面からすると、リノベーションという考え方で工事を行う場合には、やはり400万円以上はかかると考えたほうが良いでしょう。工事費以外にも新居で生活するためにかかる費用として、エアコン・照明器具・カーテン・家具などもあります。

間取りや十分な設備を実現するリノベーション

400万~600万ZONE
【工事のおよその項目】
  • 大半部分の解体工事
  • 間取りの変更
  • キッチン・トイレ・バス
    の一新
  • 壁紙クロス
  • 一般的なフローリング

スケルトンまたは、スケルトンに近い状態まで解体を行ない、既存の間取りにとらわれることなく新しい間取りを作ることができます。間取りを変更するため、I型の壁付けキッチンを、対面カウンタータイプに変更したり、大きなユニットバスを入れたりするなどのことができます。クローゼットなどの収納も設置できます。
水回りの設備については、一般的な価格帯のものから選ぶことができます。壁の仕上げは、壁紙クロス工事が中心になります。

こだわりを実現するリノベーション

600万~800万ZONE
【工事のおよその項目】
  • 内部すべての解体工事
  • 間取りの変更
  • キッチン・トイレ・バス
    の一新
  • デザインにこだわった
    インテリア
  • 無垢フローリング
  • 造作カウンター

この価格帯を想定して、リノベーションを行う場合は、家へのこだわりを実現したいとお考えの方が多いです。大幅な間取り変更や無垢フローリングや自然素材などの採用があります。
マンションで無垢フローリングの施工を行う場合には、素材の価格だけでなく、防音性の確保が必要になるため割高となりますが、この価格帯からは実現可能になってきます。間接照明やオリジナル収納棚など、室内をおしゃれに魅せるアイテムを取り入れることもできます。

特別な空間を演出するリノベーション

800万~1000万ZONE
【工事のおよその項目】
  • 内部すべての解体工事
  • 間取りの変更
  • 高機能なキッチン・
    トイレ・バスの一新
  • デザインにこだわった
    インテリア
  • 無垢フローリング
  • 壁紙クロス
  • 間接照明
  • 外壁・屋根塗装

一戸建てであれば、外壁塗装工事や屋根のやりかえなどもできますので、外観を含め、新築とほぼ同等の状態まで持って行くことができます。全ての要望を満たしつつ、二重窓や断熱工事などの省エネを意識した設計が可能となります。(参考:省エネリフォーム
建具や家具などをオーダーで作ったり、設備の機能にこだわったりすることで、高い快適性を得ることができます。照明やインテリアの意匠にこだわることで、かなりのおしゃれな空間が仕上がります。設計には、プロのアドバイスが必須になります。

実際にいくらかかるかは、建物の状況、プランの内容により大きくかわりますので、
詳しい見積りについて知りたい場合には、まずはご相談ください。

住宅満足度からみた
理想の空間の価値に
いくらなら払いますか?

リノベーション事例で考えてみる。

現在家賃7万円の賃貸に住んでいた人が、1,000万円で中古マンションを購入し、700万円でリノベーションをしたとします。おそらく概算で、マンションの管理費を含めた月の支払いが、8万円程度になると思います。つまり、リノベーションして引っ越すと、月々の支払が、毎月1万円アップになります。あなたは、この1万円をどう考えますか?

ではもう一つ。思い通りにリノベーションした、1,700万円の住まいが、20年後にいくらで売れるか考えてみましょう。金利が、2.2%として考えると、20年後に住宅ローンの残額は、約900万円です。住んでいた物件が、900万円で売れたなら、プラスマイナスゼロ。賃貸住宅に住んでいたのと損得では、同じになります。

ただ、売買にかかる諸経費などがありますので、あと150万円ぐらいは高く売れないと損が出るかもしれません。逆に、場合によっては家賃よりも購入したほうが月の支払いが下がる場合もありますから、その時はもう少し安く売れても利益が出るかもしれません。このシミュレーションで見ると、賃貸で住み続けても、購入しても、長期的に見ればそれほど損得はないように思います。お金の面では・・です。

住宅を楽しむという価値観

外食のようなちょっとした贅沢を住宅に

住宅を楽しむ人にリノベーションという選択を

外食がちょっとした贅沢なら、住宅にも同じぐらい贅沢しても良いのではと思いませんか?
家でいることが楽しくなれば、家で食事をつくって家族で食べる機会も増え、外食が減るかもしれないですね。家への愛着が、明日への活力だったり、家族のコミュニケーションが増えたりすると考える「住宅を楽しむ」価値観を持った人にとっては、リノベーションは、とても素晴らしい選択肢に思えます。

お気に入りのカフェで過ごすように

お気に入りの空間で過ごす幸せ

カフェのようなリビング。ホテルのような寝室。学校のように走り回れる子供部屋。
リノベーションの相談に来店される人は、なにかの実現したい空間をお持ちです。そして、それを次々に実現しています。お気に入りの空間で過ごす幸せは実は、そんなに遠くありません。ぜひあなたも。

メールでお問い合わせ