RESTA

0120-520-4169:00-19:00

リフォーム・リノベーションを予算内で収めるメリハリ術|リフォーム・リノベーションなら神戸のRESTA【リスタ】

リフォーム・リノベーションを予算内で収めるメリハリ術

やりたいことがありすぎて諦められない・・。そんな時にも、予算内で収めるメリハリ術を知っていれば、あきらめずに理想を叶える事ができます。メリハリ術とは、つまりはコストダウンの方法と言えます。コストダウンには、やって良い3つのコストダウン法とやってはいけない1つのコストダウン法があります。

まずは、やりたいことの洗い出し

スタートは、プランナーにどんなことができるか聞きながら、やりたいことを目一杯書き出すことからスタートします。そして、その内容を行った場合にいくらになるのかの見積もりを出してもらいます。全てのやりたいことを詰め込むと、必ずと言っていいほど予算オーバーになってしまいます。夢が遠退き、家族でのリフォーム計画のムードが険悪に・・なんてことも。しかし、コストダウン法を知り、この試練を乗り越えることが、神戸・明石でおススメするリノベーションの成功の秘訣です。

プラスのつとマイナスのつの
コストカット法

やってはいけないコストダウン法

やっていけないコストダウン法は、一番やりたかったことをあきらめてしまうことです。
やりたい事を諦めるとはどういうことかというと、

  • お風呂で足を
    伸ばしたい

  • 使いやすい
    キッチンで
    料理がしたい

  • 無垢フローリング
    を敷きたい

  • おしゃれな
    壁紙を貼りたい

など、絶対やりたいものをあきらめてしまうことです。絶対やりたいものは大抵費用がかかることが多いのが現実です。ただ、ここをあきらめてしまうと、毎日の生活の中で、これらの不満は日々溜まっていくことになるので、本当によくありません。せっかくリノベーションするのであれば、コストを落とすために、工夫して施工する面積を減らして施工するなどを行うことはあっても、納得できるレベルまでは実現させましょう。

やっても良いコストダウン法

やっても良いコストダウンとは、完成時の満足度高くなる方法です。
3つのコストダウン法があります。

  • プランで
    コストダウン

  • 長期的な視点で
    コストダウン

  • 会社独自の
    得意分野で
    コストカット

プランでコストダウンを行う

プランの中でコストダウンする方法は、建物×お客様の要望の数だけあります。ここがプランナーの腕の見せどころ。お客様の要望をしっかりと聞き込み、要望を実現しながら、コストを落とすプランを考えていきます。よく使われる方法を幾つかご紹介します。

【よく使われる方法】

  • 建具の数を減らす
  • 無垢フローリングなど高い部材を使うエリアを限定する
  • リビングなど家族が集まる場所以外をシンプルに
  • 間取り変更を極力減らす
長期的な視点でコストダウンを行う

リノベーションは、プランニング以外にも長期的に見た場合のコストカット法も検討できます。例えば、月の光熱費やローン支払額が、合計で2万円変わるなんてことになれば、ローンの借入額に換算すると何百万の差になります。

【よく使われる方法】

  • 断熱材・二重サッシなどを予算の限り取り入れ、日々の光熱費を節約す
  • 金利の安いローン会社を探したり、税制優遇が受けられたりしないかを調べる
  • バリアフリー化などで、補助金が適応できるか念のため確認しておく
会社独自の得意分野でコストカットを行う

リフォーム会社は、プランニングや長期的な視点でのコストダウン以外にも独自の方法でコストダウンするノウハウを持っています。RESTAにも独自のコストダウン方法があります。

【RESTA独自のコストダウン法】

  • おしゃれな壁紙を使いコストを押さえながらデザイン性のある仕上がりを実現する
  • 神戸一の建材の大量仕入れによる材料費のコストダウンが可能
  • 多数の取引先との提携で掘り出し物商材の情報をご提供
  • 社内大工スタッフが、収納棚などを作ることでコストを押さえた工事が可能

RESTAのリノベーションは、お客様から、どんなことがしたいのかお聞きすると同時に、
どんなことができるのかをお伝えしていくことからから始めます。
まずは、お気軽にご相談ください。

リフォーム・リノベーションの予算が分かる二つのコンテンツ
メールでお問い合わせ